トップページ

    このサイトでは廃車の処分を考えているあなたにおすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の処分費用を抑えたいけど、できるだけ安くする方法はない?」ということ考えている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者を利用してみてください。

    「この車はもう廃車にするしかない…。廃車手続きしないと…。」というような車でも買い取ってくれる業者があるんです。廃車の処分ではなく売却なので、処分費用を抑えるどころかあなたの予想以上に高く売れることもあります。
    なぜかというと、車体には価値がなくてもパーツを再利用できることがあるからです。
    とはいっても、一般的な中古車買取の業者には廃車を活用するノウハウがないので大体買取を拒否されてしまいますし、場合によっては廃車手続きの費用を請求されてしまうこともあります。

    一方で、廃車の買取を専門にしている業者であれば、廃車や不動車、事故車などを活用するノウハウや販路があるので買い取ってもらうことができるんです。是非、このサイトで紹介している廃車買取業者を利用して、あなたが大切にしてきた車を廃車処分ではなく高く売ってくださいね。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車を専門に買い取ってきた実績のある廃車や事故車専門の買取業者。
    自動車パーツの再利用や資源としてのリユース、海外への輸出など数多くのノウハウを持っている為、一般的な中古車買取業者や近くのディーラーで「この車の買取はできませんね。廃車として処分をするなら廃車手続きの費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取査定が可能です。

    その他にも、一般的な車買取業者では好まれない10年落ち、15年落ちの中古車や走行距離10万キロ以上の過走行車なども海外に輸出して販売することができるので買取可能です。

    もちろん、全国対応で利用は無料。廃車手続きにかかる解体費や代行費なども完全無料ですし、レッカー代も無料です。

    「廃車の処分じゃなくて売ることができるなら…」と感じている場合は廃車の買取査定を依頼してみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、そのサービス名から分かるように廃車買取の専門業者。
    「廃車の処分費用を安くしてくれる業者ってあるの?」、「事故車で廃車にするしかないと思っていた車でも処分じゃなくて売れるの?」という場合は廃車を買い取ってもらってください。

    近所のディーラーで「廃車として処分するしかありませんね」と言われたり、中古車の買取業者に査定をしてもらっても「ゼロ円」と言われてしまった車でも廃車ひきとり110番であれば廃車をリサイクルして活用する販路があるので、ほとんどの廃車に買取価格が付きます。

    地方にも対応していてレッカー代や引き取り料も無料ですので、一度廃車の査定に利用してみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没車や故障車、不動車、事故車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、大手企業ヤフーの100%子会社で事故車の買取相場が分かる一括査定サイト。
    「事故って破損がひどいからもう廃車処分するしかないか…」とか「水害にあって完全に故障してしまった…」というような廃車寸前の車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社を超えて全国にネットワークがありますし、最大で8社に事故車や廃車の査定依頼が可能です。廃車買取の一括査定サイトであれば必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、同時にいくつもの廃車・事故車の買取専門店が出してくれた査定額を比較することができます。

    相見積もりを取ることで廃車を高く売ることができますので一度利用してみることをおすすめします。累計利用者数は400万人を突破しているサイトなので安心して利用できますよ。






    車買取コラム

    車を一円でも安く手に入れて、なるべく高く売るのが実際にプロと呼ばれるに相応しい中古車店の社員でしょう。

    買取販売店の従業員のセールストークを鼻から信じ込んでしまうと、本当ならもっと高く売れたはずなのに損する場合だって考えられます。

    現時点での査定相場が前もってどのくらいの金額になるかを下調べしておいて、相場価格よりも安く提案された際に交渉するつもりでいるとプロのセールストークを上手にかわすことが可能になるでしょう。

    通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう要因の一つになるのです。

    かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが同じように修理歴車になるわけではないのです。

    車のボディの骨格にまで修理がされていなければ、車体やドアなどを板金で直してあっても修理歴車とは呼ばないのです。

    そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、過去に修理した履歴がある車は減額対象になるケースが多いのです。

    中古車の査定は少しでもアップさせたいものです。

    それならば、これから査定に出すぞというときにしっかりとキレイにしておくことが重要です。

    修理や事故の記録は残りますから、ちょっと見ればすぐに分かってしまいます。

    その一方で、シートなどの汚れや車内の悪臭はセルフメンテである程度は落としたり消したり出来るでしょう。

    とりわけ、車の中で煙草を吸う習慣があった人は、煙草の臭いがあると査定額が低くなることもあるので注意が必要です。

    年度末で商戦華やかな3月と、ボーナスの影響が出やすい9月というのは自動車のように高額な品物の売れ行きも良いものです。

    業者の意図としては今のうちにもっと商品を仕入れて売上を伸ばしたいと考えています。

    したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

    いつまでに売らなければいけないというリミットがないなら、9月というのはまさに売り時です。

    一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は全般に下がり気味になります。

    人気やその時の市場のニーズによって中古車市場の相場は移り変わるため、査定時に提示された見積額には期限が設定されています。

    ただ、期限はケースバイケースで変わってくるため、念の為にその金額がいつまで有効なのかを担当者にあらかじめ確認しておくべきです。

    有効期限の設定は、長いところで2週間でそれ以上はほとんどないでしょう。

    そして中古車の相場の変動が大きい時期になると、非常に期間が短くなっていることもありますので、気をつけなければいけません。

    車を買い換える際、ディーラーに下取りを頼むと新しい車が納車されるまでの間に車がないなどという事態もないので安心ですが、古いほうの車を買取業者に買い取ってもらう場合は、間があくことも想定されます。

    日常的に車を使う人は、あらかじめ査定を依頼する前に必ず代車の手配の有無を聞いておくべきです。

    うっかりしていると業者次第でまったく代車がないなどということもありますし、早いうちから確認しておくことが大事です。

    近頃販売されている車はオプションでなくて最初からカーナビが装備されているものがほとんどと言えるでしょう。

    このため、単純にカーナビシステムが装備されているだけではそれ程プラス評価が付くことはなくなったのです。

    一般的なものではなくて、後付けで高価なカーナビシステムを取り付けたような場合に限って査定額アップが望めるでしょう。

    高価なカーナビの取り外し作業が比較的簡単ならば、買い取りに出す前に外してしまって別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。

    全く動かなくなった自動車のことを「不動車」と呼びますが、この場合も最初から売ろうとしないのは間違っています。

    動かなくなっていても価値があるケースもあるからです。

    自動車本体ではなくパーツごとに見ると今後も現役で使えそうなものがないとは言いきれませんし、これらに対して価値を見いだして買取してくれる会社はあるのです。

    しかし、一般のお店では買取を断られるケースもありますから、事前調査して不動車を査定してくれる業者に見積もり依頼をして買い取りすればすんなりいきます。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、古い年式の自動車だったら通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。

    自動車を売るときには走行距離数が少ない方が有利です。

    しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいると調子を崩すことが多くなってきます。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。