トップページ

    このサイトでは廃車の処分を考えているあなたにおすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の処分費用を抑えたいけど、できるだけ安くする方法はない?」ということ考えている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者を利用してみてください。

    「この車はもう廃車にするしかない…。廃車手続きしないと…。」というような車でも買い取ってくれる業者があるんです。廃車の処分ではなく売却なので、処分費用を抑えるどころかあなたの予想以上に高く売れることもあります。
    なぜかというと、車体には価値がなくてもパーツを再利用できることがあるからです。
    とはいっても、一般的な中古車買取の業者には廃車を活用するノウハウがないので大体買取を拒否されてしまいますし、場合によっては廃車手続きの費用を請求されてしまうこともあります。

    一方で、廃車の買取を専門にしている業者であれば、廃車や不動車、事故車などを活用するノウハウや販路があるので買い取ってもらうことができるんです。是非、このサイトで紹介している廃車買取業者を利用して、あなたが大切にしてきた車を廃車処分ではなく高く売ってくださいね。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車を専門に買い取ってきた実績のある廃車や事故車専門の買取業者。
    自動車パーツの再利用や資源としてのリユース、海外への輸出など数多くのノウハウを持っている為、一般的な中古車買取業者や近くのディーラーで「この車の買取はできませんね。廃車として処分をするなら廃車手続きの費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取査定が可能です。

    その他にも、一般的な車買取業者では好まれない10年落ち、15年落ちの中古車や走行距離10万キロ以上の過走行車なども海外に輸出して販売することができるので買取可能です。

    もちろん、全国対応で利用は無料。廃車手続きにかかる解体費や代行費なども完全無料ですし、レッカー代も無料です。

    「廃車の処分じゃなくて売ることができるなら…」と感じている場合は廃車の買取査定を依頼してみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、そのサービス名から分かるように廃車買取の専門業者。
    「廃車の処分費用を安くしてくれる業者ってあるの?」、「事故車で廃車にするしかないと思っていた車でも処分じゃなくて売れるの?」という場合は廃車を買い取ってもらってください。

    近所のディーラーで「廃車として処分するしかありませんね」と言われたり、中古車の買取業者に査定をしてもらっても「ゼロ円」と言われてしまった車でも廃車ひきとり110番であれば廃車をリサイクルして活用する販路があるので、ほとんどの廃車に買取価格が付きます。

    地方にも対応していてレッカー代や引き取り料も無料ですので、一度廃車の査定に利用してみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没車や故障車、不動車、事故車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、大手企業ヤフーの100%子会社で事故車の買取相場が分かる一括査定サイト。
    「事故って破損がひどいからもう廃車処分するしかないか…」とか「水害にあって完全に故障してしまった…」というような廃車寸前の車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社を超えて全国にネットワークがありますし、最大で8社に事故車や廃車の査定依頼が可能です。廃車買取の一括査定サイトであれば必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、同時にいくつもの廃車・事故車の買取専門店が出してくれた査定額を比較することができます。

    相見積もりを取ることで廃車を高く売ることができますので一度利用してみることをおすすめします。累計利用者数は400万人を突破しているサイトなので安心して利用できますよ。






    車買取コラム

    中古車の買取に関する場合のみならず、どんなことにでも同じ事が言えると思いますが、絶対否定的な意見というものがあります。

    ひとつやふたつの悪いコメントを発見したとしても、そのコメントだけに振り回されると何も出来ない状態になってしまう場合もあるでしょう。

    みんなの意見は参考にするだけで、思い切って無料見積もりを申し込んでみて、そのときに自らが受けた印象を大切にすることが最善の方法なのです。

    中古車売買に於いて、その査定基準は、車の内外の装備の状態や年式、走行距離や事故歴の有無などを調べます。

    査定基準のうちで外装と内装に関していえば、査定してもらう前に充分に自分で清掃することで多少なりとも査定金額はアップするでしょう。

    事故を起こしたことがある場合は、査定士のプロの目で見れば隠しても一発で判明しますから、嘘をついたりせずに伝えましょう。

    このベースとなる基準を確認してから、中古車オークションでのその車の査定相場を加味して、見積金額を算出します。

    色々な中古売買のジャンルにおいて同じ事が言えると思いますが、毎日売却の査定額は変わっていきます。

    オープンカーは夏場に相場が上昇するなど、一定の車種によっては相場が高値になる地域や季節柄がほぼ決まってしまう事もあり得るということです。

    一方、車種にかかわらず言えることというと、初年度登録日からの日数が経っていないほど高値になる可能性が高いです。

    車を手放そうと考えたら数日でも早いほうが断然高く引き取ってもらえることの方が多くなるでしょう。

    初めて車検を受けて国に登録した年を初度登録年といい、その年から経った年数で5年落ち、10年落ちなどと呼びます。

    実際には製造年からカウントするのでなく、その車が初めて登録された年数ですから要注意です。

    状態が同じであれば年式の古い車のほうが査定額は低くなり、仮に10年物ならば減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。

    市場に出せば利益率の低い車で業者泣かせではあるものの、いざ購入する立場で見てみると、10年落ちでも充分にメンテナンスされた車があれば、激安で高級車を手に入れることもできるわけです。

    契約や消費に関する相談を受け付けている国民生活センターには、毎年大量の中古車がらみの相談が寄せられています。

    最近では買取に伴う相談電話が右肩上がりに増えています。

    例えば一括査定サービスを使ったところ、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。

    悪質な業者に当たったときなどは、冷静な第三者に相談するようにしましょう。

    ジュニアシートやベビーシートなどを付けた乗用車を売却するのでしたら、はずしてからのほうが良いでしょう。

    基本的にチャイルドシートは査定の際に採点される項目には含まれていないからです。

    しかしながらチャイルドシートのように使用時期の限られるものは需要が高いため、はずして単品で売却すれば相応の価格で売れます。

    美品のブランド製品などはこちらが思っているより高額で売れることがあります。

    どのくらい残っているかにもよるのですが、自動車車検は見積価格を左右することがあります。

    「車検切れ」である車よりも長期間の車検が残っている方が有利になります。

    ただ、残りの期間が一年もないくらいでは査定価格アップをそれほど期待できません。

    車検の残りが少ないと査定金額も高くないからといって、売却前に車検を通すことは無意味であると言って良いでしょう。

    車検にかかる総費用と車検を通したことによってアップする査定額とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。

    最近売られている自動車は買った当初からカーナビが付いているものがほとんどです。

    カーナビが標準装備になったことで、カーナビが付いていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    標準的なカーナビでなくて、後から高額なカーナビをつけたような場合に限り見積額が高くなるかも知れません。

    高価なカーナビの取り外し作業が比較的簡単ならば、査定や下取りに出す前に取り外しておいてカーナビだけでオークションなどで売ったほうが利益が出る場合もあるでしょう。

    これから車を中古車として売るならやるべきことというと、突き詰めるとたった2種類しかありません。

    最初にしておきたいのは車の一括査定サイトなどを使った相場チェックです。

    自分の車の価値をだいたいでも把握しておかないと、明らかに損な価格で売却する場合もありますから、事前調査は欠かせません。

    そして二つ目として、車の大掃除をしておきましょう。

    つい外側に磨きをかけてしまいがちですが、どちらかというと力を入れたいのは車内のほうです。

    拭ける部分は拭きマット類は洗ってよく乾燥させましょう。

    臭いがあると査定士はマイナスチェックをしますし、使用感のある車は好まれません。